合格体験談水戸三高

 

水戸三高合格 H.S. 那珂四中出身

 私は、中3の夏から明倫に入りました。夏塾から始めた私は、8耐を経験しました。8耐はつらかったけれど、達成感が生まれました。5教科の点数があまり上がらず、志望校を変えようと考えたときもありました。でも、先生と面談をしていくことで、その高校に行きたいと思う気持ちが強くなり、勉強に力を注ぐことができました。冬には合宿を経験しました。合宿では入試での問題の解き方を意識して取り組むことができました。明倫に入ってからは、テストを受けるよりも受けた後の解き直しの大切さを学ぶことができました。様々なことを教えてくださった明倫の先生方に感謝の気持ちで一杯です。

 

 

水戸三高合格 N.G. 東海南中出身

 高校受験は、精神的にも、体力的にも辛く苦しいものです。しかし、必ず誰もが通らなければいけないものです。私は、第一志望の高校には届きませんでした。苦手教科はなかなか克服できず苦戦していました。しかし、自分にあった勉強法を見つけて、毎日こつこつと、粘り強くやることが大切です。ですから、自分に妥協することなく、目標に向かって最後まで自分の意志をつらぬき通してください。最後は気持ちの勝負だと思います。そして、自分を応援してくれる全ての人に感謝の気持ちを忘れないでください。受験は個人競技ではありません。学校の先生、両親、塾の先生、そして友達。たくさんの人に支えられている団体競技です。終わったときには、1人1人に「ありがとう」を伝えてください。